2007.02.25

ルスツから見る洞爺湖

20070225_1
 ルスツスキー場のマウントイゾラの山頂から洞爺湖が見えます。写真の小さくとがった山は昭和新山、その左の大きな山は有珠山です。山頂付近は2000年噴火の影響で、まだ植物が生えていないため、真っ白に雪を抱いています。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

冬の羊蹄山

20070225
 なかなか冬の間は山頂を見せない羊蹄山ですが、朝早くスキー場に行く途中に見事な姿を見せていました。
 下界は「光の春」の日差しですが、山頂付近は-15℃くらい。まだまだ真冬です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.10

雪あかりの路

200702100
 小樽「雪あかりの路」へ行ってきました。札幌雪祭りの日程に合わせているのが効を奏しているのか、すごい人手でした。写真は、北海道でも最も古くに敷設された、港への引込み線だった国鉄手宮線の跡地を使った、手宮線会場の様子。雪玉を使った間接照明のような灯りが綺麗です。照明の中には落ち葉や切り紙を使った手の込んだものも。
200702101

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.06

正解は

200702060
 気象台の若手職員が作っていた雪像は、気象庁マスコットキャラクターの「はれるん」冬季限定バージョンでした。今年の冬は、冬型の気圧配置が長続きせず、雪が降ったと思ったら、気温がグンと上がって雨が降るなど、雪像には厳しい環境です。この「はれるん」は最終日まで何とかもって欲しいものです。
 このほかの雪像の画像もご覧ください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.31

近づく雪祭り

20070131
 来週の火曜日(2月6日)から第58回さっぽろ雪祭りが始まります。大通り公園では、大雪像が完成間近になってきました。今日からは、市民雪像作りも始まり、気象台の若手メンバーも大通り10丁目で作業をしています。果たしてどんな雪像ができるのか・・・お楽しみに。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.01.08

鰊御殿

20070108
 小樽にある鰊御殿の一つ、小樽貴賓館(旧青山別邸)へ行ってきました。ここはいわゆる鰊番屋と呼ばれる、鰊漁のために集められた猟師たちが寝泊りした建物ではなく、鰊漁で富を得た青山政吉の居宅なので、非常に贅を尽くした建物になっています。その上、高名な書家、画家の書と襖絵が大量にあります。入館料千円は高いですが、それなりの価値はあるかも。ただ、冬場は廊下が冷たいです(^^ゞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.19

ホワイトイルミネーション

20061119
 恒例のホワイトイルミネーションが始まりました。写真では分かりにくいですが、今年はテレビ塔がリニューアルし、イルミネーションも凝っています。あとは積雪を待つだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.09

夜の五稜郭タワー

20061109
 またまた、函館にやってきました。今度は仕事。今夜は大雨、雷雨です。五稜郭タワーも下から見るだけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.04

秋の羊蹄山

20061104
 初冠雪は迎えましたが、まだまだ山頂付近には雪はほとんどない羊蹄山です。手前の畑の収穫は終わり、何も植えられていません。写真では噴火しているように見えますが、ただの雲です(^-^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.22

円山の紅葉

20061022
 写真は南22条通り(電車通り)から見た円山。手前の建物は市電の営業所前から撮ったもの。山の木々が微妙に異なる色合いに変わっていて、自然の色使いの楽しさを感じさせてくれます。あとは雪虫が飛べば雪の季節でしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧