« 満開の桜のもとへ | Main | 寒冷前線通過 »

2007.04.12

気象サイエンスカフェ東京

20070412_1
 今日、気象予報士会と気象学会共催の、今年度最初の「気象サインスカフェ東京」が開催されました。話題は 「竜巻などの突風現象について」で、ゲストは気象研究所気象衛星・観測システム研究部の鈴木修さん。あの、昨年11月7日に佐呂間で竜巻が発生した時には、つくばから駆けつけて現地調査を行った研究者です。
 竜巻の基本的な話が多かったのですが、一般の人にはやや難しかったかな。途中で気象予報士の解説が入ったのが良かったので、それをヒントにもう少しやり方を考えた方が良いかもしれません。

|

« 満開の桜のもとへ | Main | 寒冷前線通過 »

Comments

I am Glad i discovered this website.Added blog.shonan-tenki.com to my bookmark! Check out my Kissing Guide !

Posted by: Kissing Guide | 2011.02.17 at 11:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3321/14681741

Listed below are links to weblogs that reference 気象サイエンスカフェ東京:

» 【スズキ】鈴木修会長「研究開発費はそれだけでもだす」 [軽自動車ニュース&ブログ]
スズキの鈴木修会長は27日の決算発表の席上、研究開発費については「技術屋の津田紘社長に、問答無用でどんどん使ってよいと指示している」と語った。好業績でキャッシュフローは潤沢なだけに、環境対応技術など将来技術への投資は青天井でもよいとの考えを示した。07年度の研究開発費は1200億円と前期に続いて1000億円を超え、過去最高を計画している。競争力の源泉は開発力となるため、研究開発費については「い... [Read More]

Tracked on 2007.05.01 at 08:46 PM

« 満開の桜のもとへ | Main | 寒冷前線通過 »