« 寒冷前線通過 | Main | 新丸ビルオープン »

2007.04.15

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

20070415
 上野の東京国立博物館で開催されている「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」展を見てきました。売り物は第一会場の「受胎告知」で、私が行ったときは門からすぐのところから並んでいて35分待ちでした。

 「受胎告知」は人の配置などが画面中央の1点に収束する「1点消失遠近法」で描かれているとのことですが、よく見ると、マリアの手の位置と下のテーブルの位置があっていない「だまし絵」のようにも見えました。これは、この絵が右手のほうから見られることを意識して描かれた物であることが原因なのかもしれません。

 もう一つの遠近法である、遠くのものほど青く見える「空気遠近法」も使われていますが、これは、ご存知のとおり、空気分子による光の散乱が原因。空が青く見えるのと一緒です。

 ダ・ヴィンチ展は「受胎告知」ばかりが宣伝されているような気がしますが、実際には、他の永久機関などの運動や、楕円を描くためのコンパス、人体の色々な部分の比についての研究などなど、数多くの展示があり、充実しています。ただ、やたらと人が多く、かつ常時間にわたって立って見なければならないので、かなり疲れました。

 午後になると多少空いていたので、並ぶのが嫌な人は午後の方が良いのかも。

|

« 寒冷前線通過 | Main | 新丸ビルオープン »

Comments

ふと見たら長い出張からお帰りでしたか?
お疲れ様でした。

ダ・ヴィンチ展は相当混んでいるようですね。乃木坂のモネも人気らしい。
ほとぼりが冷めた頃を狙ってみます。

Posted by: もろずみ | 2007.04.17 at 12:17 AM

もろずみさん、お久しぶりです。
あっさりと帰ってきちゃいました(^-^;。

国立新美術館も一度行ってみたいですね。
印象派は日本人好みなので、混んでるのでしょうねぇ。

また、一緒に歩きましょう。

Posted by: 所長 | 2007.04.17 at 11:14 PM

私も見に行きたいんですが、ぱったりと
出張がなくなった上、経費削減で行きずらい
状況なんですよ。
東京での飲み会も・・・

Posted by: のがのが | 2007.04.22 at 08:20 PM

>のがのが
待ってますよ~(^_^)。

Posted by: 所長 | 2007.04.28 at 12:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3321/14690284

Listed below are links to weblogs that reference レオナルド・ダ・ヴィンチ展:

« 寒冷前線通過 | Main | 新丸ビルオープン »