« ルスツから見る洞爺湖 | Main | 流氷の海 »

2007.02.28

明日から3月

気象庁の定義では12月から2月までが冬。明日からは3月で春ということになる。
東京ではこの冬は雪が降っておらず、気象庁の観測史上初めて雪を観測しない冬となる可能性が高くなっている。もちろん、過去、3月や4月に雪が降ったことは何度もあるので、可能性が全くないわけではないのだが。

ところで、雪が降っていないうちに2月14日に春一番が吹いてしまったので、「冬が来る前に春が来た」などと表現しているマスコミ報道が見られるが、これはおかしいと思う。北海道や東北・北陸などでは雪は冬の訪れを告げる使者だが、東京の冬といえば冬型の気圧配置で現れる乾燥した晴天がその象徴だろう。そのような天気は既に現れていた。既に冬は来ていたと判断するのが正しいと思う。その気圧配置が今年は長続きしなかったのが特徴だ。

もう一つ、この初雪が観測されていない原因をすぐに地球温暖化に結びつけるような風潮があるが、それはどうかと思う。今年の初雪が観測されていない大きな原因は暖冬だが、詳しく見ると東京の都市化による温暖化の要因が大きい。実は、1月20日の朝には、横浜、千葉、湘南では初雪を観測している。ということは、東京で初雪を観測していない直接的な原因は、東京大手町の気温が高いことにあり、これは都市の温暖化が主な原因と思われる。

地球温暖化対策は大事だが、冷静な議論をするべきだと思う。

|

« ルスツから見る洞爺湖 | Main | 流氷の海 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 明日から3月:

» 東京で初雪 観測史上、最も遅く [スーパーサイヤ人]
2007年03月16日07時49分 東京都心で16日午前7時ごろ、初雪が観測された。気象庁が観測を始めた1876年以降、最も遅い初雪となった。 同庁によると、これまで最も遅かったのは1960年2月10日で、この年よりも34日遅かった。この記録を47年ぶりに更新した。 また、平年の初雪は1月2日で73日遅く、昨冬は12月11日で95日遅かった。 気象庁のある東京・大手町では同日午前7時ごろから約5分間、みぞれが降った。その後も断続的に雨�... [Read More]

Tracked on 2007.03.16 04:41 PM

« ルスツから見る洞爺湖 | Main | 流氷の海 »