« ねぶた祭り | Main | はれるんGO! »

2006.08.10

「日本沈没」

 小松左京原作の映画「日本沈没」を先日見てきました。最初に映画化されたのは、私が中学生くらいの頃。その第1作とは随分と内容が現代にあわせてリメイクされていました。話そのものは荒唐無稽で、特に地殻変動のタイムスケールが無茶ですが、プレート関連の最新の知見も取り入れられていますし、地震・火山発生時の特撮などはけっこうリアル。スプリング8まで出てきて、地球科学関係者はけっこう楽しめるのでは。さすがに科学監修に専門家(知人です(^-^;)が入っているだけのことはあります。撮影協力には気象庁も入っていて、映画の中ではこの8月1日に特定利用者向けに配信を始めたばかりの「緊急地震速報」かな?と思われる場面も出てきます。
 この映画で最も活躍するのが海洋開発研究機構(JAMSTEC)で、主人公の小野寺(草薙剛)は深海艇の乗組員です。さらに地球深部探査船「ちきゅう」が出てくるのですが、こんな船が日本にあることを知りませんでした。おりしも、今月7日からこの「ちきゅう」が下北半島沖で初の掘削試験を行っているそうです。

|

« ねぶた祭り | Main | はれるんGO! »

Comments

 トラックバックありがとうございました。いろんな意味で楽しめる映画のようではありますが、映画そのものとしてはどうでしたか。

Posted by: 5号館のつぶやき | 2006.08.12 at 02:16 PM

 5号館のつぶやきさん、こんにちは。
 映画そのものとしては、どうなんでしょう?。私はこういう地球科学ものは冷静に評価できないので、良く分かりません(^-^;。一緒に行った友人は、恋愛シーンが長すぎると言っていましたが、私はそれほど気になりませんでした。

Posted by: 所長 | 2006.08.14 at 08:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3321/11380470

Listed below are links to weblogs that reference 「日本沈没」:

» 33年前の日本沈没 [しっとう?岩田亜矢那]
現在絶賛上映中の主草〓剛主演の「日本沈没」では無い。今を去る事33年前、昭和48年に封切られて一大ブームを巻き起こした、元祖「日本沈没」である。昨夜、日本映画専門チャンネルでやっていた。 最初「大昔の日本のパニック映画て、そんなん子供騙し...... [Read More]

Tracked on 2006.08.12 at 09:31 PM

« ねぶた祭り | Main | はれるんGO! »