« 豪雪命名 | Main | 地球温暖化の原因はオゾン層破壊? »

2006.03.13

落雷の予見

土佐高校の生徒さんがラグビー試合中に落雷を受けて重度の障害を受けた事件について、落雷は予見できたとの判決が出た。判決は気象の専門家からすると十分納得できるものだが、果たして一般の方の認識がそこまで行っているのかというと、はなはだ疑問。一部の報道では、ネックレスなどを外してゲームに出たというものもあったが、これも「金属をつけていると雷が落ちる」という昔の常識に頼ったもの。今でも一般の方の知識はこの程度なのだろう。これからは、学校の先生も気象の知識が不可欠ということになるのだろうが、気象の専門家の広報・啓発活動をもっと行わなければと思わせる判決だった。

|

« 豪雪命名 | Main | 地球温暖化の原因はオゾン層破壊? »

Comments

薬師です、ご無沙汰してます。
知識の欠如ということも問題ですが、引率した担当教諭に試合中止の権限があったかということについて裁判ではどう扱われているのかという点が気になります。

Posted by: 薬師 | 2006.03.16 07:48 PM

最高裁の判決要旨を見る限りでは、今までは「予見できたか?」を争っていたわけで、差し戻し審では「教諭が落雷事故発生の危険を具体的に予見していたとすれば、どのような措置を取ることができたか」などを審理することになるようですね。

Posted by: 所長 | 2006.03.17 07:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 落雷の予見:

« 豪雪命名 | Main | 地球温暖化の原因はオゾン層破壊? »