« 北竜のひまわり畑 | Main | 有珠善光寺 »

2005.08.16

14秒の猶予

 気象庁では、地震の際に地震の主な揺れをもたらすS波が到達する前にP波だけを用いて、震源とマグニチュードを推定し情報(緊急地震速報)を発表する計画で、現在、試験運用中だ。今日の宮城県沖地震の際、その試験運用に参加している仙台市立長町小学校では、S波が到達する14秒前に緊急震度速報を受信したそうだ。
 14秒あれば、机の下にもぐりこむことができる。火を使う理科実験中ならば、その火を消すこともできるだろう。

|

« 北竜のひまわり畑 | Main | 有珠善光寺 »

Comments

14秒あれば新幹線もだいぶスピードを落とせますよね。
ただ、直下型ならP波とS波はほぼ同時でしょうから無理ですよね。

Posted by: のが | 2005.08.17 at 05:34 PM

14秒あれば新幹線もだいぶスピードを落とせますよね。
ただ、直下型ならP波とS波はほぼ同時でしょうから無理ですよね。

Posted by: のがのが | 2005.08.17 at 05:35 PM

お久しぶりです。北海道の様子、いつも楽しく拝見してます。

三浦半島では震度3くらいでしたが、最近敏感になっているせいか、怖く感じました。すぐにYahooで震源を確認、宮城で、4分ぐらい前に発生したんだな、とわかりました。だったら、1分ぐらい前に知ることもできたのでは・・・と感じました。RSSなどを利用すれば、すぐに情報が得られるのではないでしょうか。

話は変わりますが、逃げ水の撮影に成功しました。見てください。http://seesaa4.seesaa.net/

Posted by: レンズマン2 | 2005.08.19 at 11:27 PM

 ども>のがのが
直下型だと駄目なのはそのとおり。いわゆる「海溝型地震」には効果があります。新幹線を止めるのに良いのではないかというのもそのとおりで、そもそも、鉄道総合研究所が東海道新幹線で使い始めたのが最初です。こちらは既に実用化されてます。

Posted by: 所長 | 2005.08.21 at 10:55 PM

 レンズマン2さん、お久しぶりです。
 気象庁の報道発表資料を見ていただければ分かりますが、P波とS波の到達時間差-伝達時間となりますので、1分は無理でしょう。誤差もありますし、情報を聞いてから何ができるかという問題があるので、早ければ何でもいいというほど、問題は簡単ではないと私は思っています。

Posted by: 所長 | 2005.08.21 at 10:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3321/5506501

Listed below are links to weblogs that reference 14秒の猶予:

« 北竜のひまわり畑 | Main | 有珠善光寺 »