« 横浜は4月1日 | Main | 雪 »

2005.03.03

「みらい」だったのかぁ

 打ち上げられた気象衛星の愛称が何になるのか、気象庁職員の大半も気にしているところだが、読売新聞が面白おかしく取り上げている。まあ、実際には気象庁と国土交通省が「衝突」などするはずはなく、既にどうするかは決まっているのだと思うが。
 それよりもこの記事で私の目を引いたのは、打ち上げに失敗したMTSAT-1の名称が「みらい」となるはずだったという点。この話は今までどこにも出たことがなく、今回の記事で初めて公に出たものだ。打ち上げ当時、命名した人(子供?)も種子島まで行って打ち上げ成功を待つばかりだったと聞いたことがあるが、果たしてその人は今はどこで何をしていることやら。
 私の周りでは「ひまわりのままが良い」という人が多い。国民の皆さんの声を、国土交通省と気象庁はどのように聞くのだろうか?
 え、私は何が良いかって?やっぱり、旧運輸省時代のJRの特急名の付け方を見習って「スーパーひまわり」なんてどうでしょう?(^^;

|

« 横浜は4月1日 | Main | 雪 »

Comments

JR流だと前につくのか。私の地元、名古屋鉄道では後ろにつきます。「ひまわりスーパー」、「ひまわりDX」てな感じで。
#でも結局、気象庁が情報提供するたびに「ひまわり6号の気象データでは・・・」って言い切ってしまえば『勝ち』のような気が。

Posted by: kei | 2005.03.06 09:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「みらい」だったのかぁ:

« 横浜は4月1日 | Main | 雪 »