« 下山台長 | Main | 久しぶりの江ノ島 »

2005.02.04

立春と流氷

 今日は立春。1月下旬の最も気温の低い時期を過ぎ、気温が上がってくる時期だ。これからはまず日中の時間が長くなる「光の春」が顕著となってくるだろう。
 しかし、そんな中、この2月上旬の平年の気温が最も低い地方がある。北海道のオホーツク沿岸だ。例えば、知床半島の中ほどにある斜里町ウトロの平均気温、最高気温、最低気温が最も低いのは2月2、3、4日で、それぞれ-7.2、-4.6、-10.2となっている。これは、この時期流氷が海水面を覆い尽くし、流氷大陸が出現して内陸気候になるためだ。
 おりしも、昨日の海上保安庁の航空機の観測によると、ウトロの沿岸にはびっしりと流氷がやってきている。オホーツク海沿岸ではまだまだ寒い日が続く。

|

« 下山台長 | Main | 久しぶりの江ノ島 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3321/2803504

Listed below are links to weblogs that reference 立春と流氷:

« 下山台長 | Main | 久しぶりの江ノ島 »