« 山梨からの富士 | Main | 彩雲 »

2004.02.18

春一番

 先週の土曜日(2月14日)関東地方では「春一番」が吹きました。
 「春一番」の言葉は「1859年(安政6年)に長崎県壱岐の漁師53人が遭難した強風に由来する」というのが気象関係者の間では定説となっています。私としては、遭難したときに「春一番」と名付けたのではなく、この前から春になってから最初に吹く強風をそう呼んでいたのではないかと考えています。
 ところが最近、気象予報士会の広報誌「てんきすと」に宮城県の小野寺さんという方から、池田市史の資料編にある日記では、天保2年1月1日(1831年2月23日)に既に「春一番」という用語が使われているという投稿がありました。また、安政2年1月8日には春一番の解説として、「江戸廻船人之通語ニ秋冬西北風かちのもの常也、江戸下日和は多ク登船少ク自然と江戸滞船多、春気の東風吹初待チ受登船多在之、因之春一番と唱」とあり、「本来の意味は冬の季節風のため江戸で滞船を余儀なくされた船人たちが上方へ帰るためにまちわびた、春の初めに吹く強い東風だったようである。」という説を紹介しています。
 「春一番」という語感からすれば、こちらの方が合っているような気がします。

|

« 山梨からの富士 | Main | 彩雲 »

Comments

I am Glad i ran across this website.Added blog.shonan-tenki.com to my bookmark! Check out my Kissing Guide !

Posted by: Kissing Guide | 2011.02.17 at 11:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3321/209518

Listed below are links to weblogs that reference 春一番:

« 山梨からの富士 | Main | 彩雲 »